前へ
次へ

白衣の天使と日本の医療の可能性

入院をした経験のある人なら分かりますが、医師とは本音で話せないことがあります。
高圧的な態度で来られることもありますし、遠慮をしてしまう場合もあるのではないでしょうか。
そこで頼りになるのが、白衣の天使と形容される看護師です。
医師と患者の間を繋いでくれる存在ですし、笑顔に勇気付けられた方も多いのではないでしょうか。
看護師になら何でも話せるという患者は多いですし、日本の医療を支える屋台骨的なポジションです。
ただ、深刻なのが人手不足ではないでしょうか。
人手が足りなくなることで、一人一人にかかる負担が大きくなります。
医療ミスに繋がる可能性がありますし、医療の発展を妨げる要因になります。
男性の看護師も増えていますが、まだまだ対策が必要ではないでしょうか。
最も確実な対策としては、看護大学や専門学校の定員を増やすことです。
社会人枠を増やすのも効果的ですし、次々と新しいアイデアを打ち出すべきです。
それが未来を描く一番の近道です。

Page Top