前へ
次へ

美容医療は様々な分野に精通している

形成外科と美容整形外科、どちらにも精通するのは、手術での仕上がり、美しさ、傷跡が目立たないことです。
回復を喜ぶ患者が多い中、クオリティが求められる美容医療という分野です。
前向きに、晴れやかな気持ちに向かわせるのは、精神科や心療内科の分野に精通しています。
綺麗になりたいを追及するのは、患者本人のみならず、それを提供する専門医にもいえます。
皮膚科学にも精通する美容医療の面白さを挙げる医師もいるほどで、研究熱心で、顕微鏡で細胞を見る楽しさを挙げています。
また、むやみに治療をすすめることは避けています。
病気ではなく、命の危険性も少ないために、時に治療を否定することさえ患者に伝えることがあります。
気にすればするだけ周りが見えない相談者、美容医療の同意、治療がはじまって初めて患者となります。
それまでは相談者で、医師はカウンセラーで寄り添い、悩みに耳を傾けます。
悩みは人それぞれ、どの部分をどの程度気にするのかは、違います。
美容医療であってエステではなく、治療です。
強要はしていません。
だから些細なことでも相談して欲しい、それがたとえ相談だけで次回以降の来院がなくとも、言葉に治癒力が備わっており、治療となることもあります。
要は、納得するのかが大切で、それでも美容整形がしたいのなら、最適な治療を提供するために、知識と技量にて応えてくれます。

Page Top